保育士さんのお仕事

保育士によくある悩み

保育士業界の特殊な就職状況

保育士業界の特殊な就職状況 保育士の資格を取得すると、保育所や保育園以外にも様々な場所での就職が考えられます。
保育士の就職先として最も一般的な保育所や保育園にはいろいろなタイプがあり、公立や私立、認可や認定などによって待遇や仕事内容が異なります。
就職状況として、公立保育園に勤務すると公務員となるので、給与が賞与などの待遇に優れるため人気が高いのが特徴です。
しかし公立保育園は人気ゆえに就職できる保育士も少ないのが現状です。
他にも、デパートやショッピングセンターなどに併設されている託児施設で働くという選択肢もあります。
ほとんどの場合は時間給で、勤務時間が短めです。
パートタイムで働けるので、子育てをしながら勤務したり、子育てを終えた保育士が勤務することも多く見られます。
保育園と比べると負担は少なめですが、初対面の子供と接することが多いため、子供の扱いに関する高いスキルが要求される職場でもあります。
他にも乳児院や児童養護施設、幼児教室やベビーシッターなどの就職先も存在します。

保育士業界ならではの傾向

保育士業界ならではの傾向 保育士業界ならではの傾向としてこの仕事をしている人の数はそれほど極端に増えていないにも関わらず、需要は大幅に伸びている点を挙げることができます。
昔に比べて小さな子どもがいても外に出て働く女性が都市部を中心にして急速に伸びていますが、その場合には仕事中は子どもを保育園等の施設に預ける必要があります。
そのため保育園等で預かる子どもの数はどんどん増えて行きますが、その数には限界がありもっと子どもを預かるには保育士を増やす必要があります。
そこで外で働く女性の期待に応えるためにも預かる子どもの数を増やすために、保育士の求人を出している保育園等の施設がとても多いと言う子ともこの業界の大きな傾向となっています。
ただこの仕事は資格が必要な上に子供の命を預かると言う大変な仕事と言うこともあって、なかなか人が集まらない状態が続いています。
そのため保育士の数が不足しているために待機児童の問題が出て来てそれが社会問題化しています。

pickup

実務者研修

2019/9/6 更新

新着情報

◎2017/5/24

保育士養成課程のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/3/14

保育士業界の就職状況
の情報を更新しました。

「保育士 就職」
に関連するツイート
Twitter

Warning: file_get_contents(): php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/crqfxi2e/bojlery.net/syuusyoku.html on line 143

Warning: file_get_contents(http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p=%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%A3%AB+%E5%B0%B1%E8%81%B7): failed to open stream: php_network_getaddresses: getaddrinfo failed: Name or service not known in /home/crqfxi2e/bojlery.net/syuusyoku.html on line 143